上五島沖海洋エネルギー利活用推進協議会

 上五島沖海洋エネルギー利活用推進協議会は、本海域において、新法に基づく公募占用計画として、

上五島沖漁業協調型風力発電計画を準備するために設立された団体です。

本計画の検討を進めるべく、様々な技術的課題、環境的課題について関係事業者の皆様と協力して参ります。 

お知らせ

  • 2019年 1月 ホームページを公開しました。
  • 2019年 月 設立総会を行いました

上五島海洋エネルギー利活用推進協議会について

上五島沖海洋エネルギー利活用推進協議会は、本海域において、新法に基づく公募占用計画として、上五島沖漁業協調型風力発電計画を準備するために設立された団体です。

 

この度、上五島沖漁業協調型風力発電計画を推進するにあたって、本計画の検討を進めるべく、様々な技術的課題、環境的課題について関係事業者の皆様と協力して参ります。

 

本漁業型風力発電計画によって、将来、新型漁業の発祥地として若い漁業者を上五島に戻し、宇久島と小値賀の地方創生を本格化させるため、調査研究・情報の収集と提供などの活動を行ってまいります。

協議会の主な活動

情報の収集

漁業協調型洋上風力発電計画における技術的課題・環境的課題について、先行事例の研究や、有識者の研究結果などの情報集を行います。

意見交換会

収集した情報に基づいて、地元漁業者や自治体・関係者とともに、勉強会や、意見交換などを開催いたします。

環境調査

環境的課題や懸念について、入念に調査を行います。

人材育成

漁業協調型洋上風力発電に必要な人材の育成を行っていきます。

その他

情報収集・意見交換会・環境調査・人材育成以外の活動も行います。


上五島の魅力

宇久島は長崎県・五島列島最北端に位置し、約190万年前の噴火によって誕生した玄武岩などの火山岩でできた自然豊かな島です。  

  

1187年壇ノ浦の戦いに敗れた平家盛が安住の地を求めて、辿り着いた島という言い伝えが残っており、島内には家盛公上陸地とされる火焚﨑(舟かくし)をはじめ、当時を物語る史跡や文化財が多く残されています。